NO IMAGE

習志野隕石の落下場所のマンションはどこ?関東上空の火球が落下!

2020年7月2日午前2時頃に関東上空で観測された火球が、千葉県習志野市内のマンションに落下していたことが公表されました。

関東広域で爆発音を伴って観測された、非常に明るい火球だったため、大変な話題となっていましたね。

この隕石はどこに落下したのでしょうか。

 

そこで今回は、7月2日午前2時頃に関東上空で観測された火球はどこに落下したのかまとめています。

スポンサーリンク

習志野隕石の落下場所のマンションの住所はどこ?

7月2日に関東広域で観測された火の玉は、千葉県習志野市にあるマンションの玄関前の共有部分の廊下と中庭で発見されたようです。

習志野隕石が発見された時間は2日の朝で、発見者は同マンションの住人と報道されています。

 

発見者の話によりますと2日午前2時半ごろに大きな音がしたそうです。

翌朝玄関を開けると玄関前の共有部分の廊下で1個目の石を発見。

その後住人は火球の話を聞いて、隕石ではないかと思い一旦保存したそうです。

 

そして、廊下や手すりにも石が当たった痕跡があったため、7月4日に管理人と一緒に中庭を調べて2つ目の破片を発見したそうです。

2つ目の破片は雨と外気に2日間当たっていたため、石に含まれる金属が錆びて茶色くなっていました。

>>2020年7月2日午前2時頃に関東上空で観測された火球の画像などについてはこちら

>>習志野隕石は国立科学博物館に展示される?