事件

巽信二教授の公園溺死事故の結末ネタバレ!ある物は何?奇跡体験アンビリバボー

2020年9月17日に、「奇跡体験!アンビリバボー【監察医・巽教授の事件簿】」が放送されました。

この放送では、監察医・巽信二教授が解剖を担当した、公園での窒息死の事件が特集されました。

 

そこで今回は、巽信二教授の公園溺死事故のあらすじや結末について、まとめています。

スポンサーリンク

【奇跡体験アンビリバボー】巽信二教授の公園溺死事故のあらすじ

法医学者として6300体以上の遺体を解剖してきた巽信二教授

そんな巽信二教授の元に、一件の解剖の依頼が舞い込みます。

 

相談者は、被害者男性の友人でした。

被害者男性は、友人と一緒に夜の公園で散歩をしている時、ネコを見つけ、遊んでいるうちに、池に落ち亡くなってしまいます。

普通ならば溺死と考えられられますが、今回の相談も、遺体の状態から、死因は溺死と見てまず間違いはありませんでした。

 

しかし、巽信二教授は、「男性は窒息死に間違いないが、溺死ではない」と確信します。

そこで、巽信二教授は立ち会った刑事に、事故現場で“あるもの”を探してほしいと告げました。

刑事が事故現場を確認すると、現場には巽教授が言う“あるもの”が発見されました。

 

果たして巽信二教授が見抜いた、事故の真相とは?

【奇跡体験アンビリバボー】巽信二教授の公園窒息死事件の結末!ある物は何?

巽信二教授が最初に、解剖室の鉄扉を開け、遺体を診た瞬間、溺死にしては少しく顔面がうっ血しているというのが第1印象でした。

外表は頸部が幅広く蒼白化、背中に太い少しアールのある皮膚変色、これらは、検視官も署員も把握していなかった。

 

解剖に入ると、教科書レベルでは、溺死も扼殺も同じ窒息で所見もほぼ同様に記載されているが、やはり、おかしい。

法医学者に最も必要なのが、自分の知識と経験と直感ともう一つ想像力であり、そして、そこから証拠を検証して、その考えが符合するかを論理化する。

私は署員に「池の周りに円筒鉄パイプで作られた高さ1mくらいの柵はあるか?」と聞くと、「先生、行かれたことがあるのですか?あります」と言って写真を提示してきた。

 

それを見て、私は、「背中を円筒鉄パイプでさせられ、腕で頸部を絞められそして、池に落とされた。人の体は丸から真直ぐの血パイプ柵で背中を押さえつけられると、少しアールがつく。これは単なる落水事故ではなく、殺人である。」と断言しました。

すると、立会い刑事は一言「事件ですか?」とすっとんきょうな顔でつぶやいた。

それからは、警察本部は蜂の巣をつつかれたような騒ぎになったのは、察しできるとおりである。

 

そして、察しできるとおり、相談者の被害者男性の友人が逮捕され、供述によると、前々から、使い走りをさせられて気分が悪かった。

当日も、無理難題を言われ、最後に馬鹿呼ばわりされて、ついに鉄パイプ柵越しに後を向いたとき犯行に及んだというものだった。

 

>>巽信二教授の経歴や年収はこちら

巽信二教授が担当した事件本「奇妙な死体のとんでもない事情」が出版されました。