針金侑良の中学などwikiプロフィール!球種や球速や進学先高校は?ジャンクSPORTS出演

2020年8月2日に放送された、『ジャンクSPORTS【天才キッズ大集合!190cmピッチャー&小学生横綱】』に針金侑良選手が出演されました。

中学の名門シニアに所属している針金侑良選手は、中学生3年生にして、すでに最速137km/hのストレートを投げる本格派ピッチャーとして高校やプロチームからも注目されている逸材の一人です。

現在は中学生3年生ということで、どこの高校に進学するのか、進路も気になりますよね。

 

そこで今回は、針金侑良選手の中学などwikiプロフィールや、持ち球や球速や進学先高校など、野球のことについてもまとめています。

スポンサーリンク

【ジャンクスポーツ】針金侑良(はりがねゆら)の小学校や中学などのwikiプロフィール

名前:針金侑良(はりがね ゆら)
中学校:戸田市立喜沢中学校
利き腕:左投左打
身長:190cm
体重:88kg
ポジション:投手
最速:137km

 

針金侑良選手は小学校3年生から野球を始め、始めた当初は内野手として練習を重ねています。

2017年の小学校6年生の時に、NPBが主催する12球団ジュニアトーナメント大会にも東京ヤクルトスワローズジュニアとして内野手で出場しています。

 

投手を始めたのは中学校に進学して東練馬リトルシニアに入団した時からなので、投手経験はまだ浅いのですが、サウスポーで最速137キロということで、将来が非常に楽しみな選手ですね。

 

針金侑良選手の通っている中学校ですが、埼玉県戸田市の「学校総合体育大会 中学校の部 男子走幅跳」に針金侑良選手と喜沢中学校の名前があったので、戸田市立喜沢中学校に通っているものと思われます。

そして、通っている小学校については情報はありませんでしたが、喜沢中学校から近い「仲町小学校」「喜沢小学校」「戸田第二小学校」「戸田南小学校」のいずれかではないかと思います。

【ジャンクスポーツ】針金侑良(はりがねゆら)の球種・球速は?

針金侑良選手は中学校から投手を始めたばかりですが、ストレートの最速は137kmを誇ります。

持ち球の変化球については調査中です。

 

針金侑良選手は中学校から投手を始めたばかりということもあり、コントロールに課題を抱えているそうです。

針金侑良選手もこの点を自覚していて、制球力の改善のために日々練習に取り組んでいます。

【ジャンクスポーツ】針金侑良(はりがねゆら)の進学先高校は?

針金侑良選手の所属している東練馬リトルシニアの卒業生の進路を見てみると、

関東第一 ・帝京・二松学舎大学付属 ・日本大学第三・東海大学付属菅生などの東東京と西東京の強豪校が目立ちます。

次いで、埼玉・神奈川・千葉の関東圏の高校が多く、関東地方以外の高校にはあまり進学していないようです。

 

そして、実は針金侑良選手の父親の針金義雄さんは日大三高出身です。

なので、針金侑良選手も父親と同じく日大三高に進学するか、もしくは東京都内の名門高校に進学するのではないでしょうか。