テレビ

ストーカー被害の元アイドルXの名前は誰?作詞家に転身した江美早苗?

2020年9月11日に放送された、「爆報!THEフライデー」では、作詞家に転身した元アイドルXのストーカー事件が特集されました。

ストーカー被害にあった元アイドルXさんは誰なのでしょうか。

 

そこで今回は、ストーカー被害にあった、作詞家に転身した元アイドルXさんが誰なのか、名前や顔画像は判明しているのか、まとめています。

スポンサーリンク

【爆報!THEフライデー】ストーカー被害の元アイドルXの名前は誰?作詞家に転身した江美早苗?

「爆報!THEフライデー」で特集された、ストーカー被害にあった元アイドルXさんは江美早苗さんという方です。

 

  • 本名:神田恵美
  • アイドル時代の芸名:江美早苗(えみさなえ)
  • 作詞家時代の芸名:中里綴(なかさとつづる)
  • 生年月日:1951年3月15日
  • 出身地:島根県松江市
  • 学歴:日本放送協会学園高等学校卒業

島根県松江市に生まれた江美早苗さんは6歳からバレエを習い始め、1967年に所属していたバレエ団のメンバーで結成されたダンスグループ「レ・ガールズ」に参加します。

その後、シングルレコード『涙でかざりたい』でソロ歌手としてデビューしますが、1972年にアイドルとしての活動を休止します。

 

1973年9月、作詞家としての再スタートを切りました。

1975年に作詞を務めた楽曲が日本レコード大賞歌唱賞を受賞し、頭角を現すと、1980年代にかけて、沢田聖子、中森明菜、堀ちえみさんなど昭和を代表する歌手の楽曲の作詞を手がけました。

 

>>江美早苗さんストーカー事件の犯人や結末はこちら