テレビ

元アイドルXストーカーの犯人は誰?名前や顔画像は?事件の結末は?

2020年9月11日に放送された、「爆報!THEフライデー」では、作詞家に転身した元アイドルXのストーカー事件が特集されました。

元アイドルXの江美早苗さんをストーカーした人物は誰なのでしょうか。

 

そこで今回は、作詞家に転身した元アイドルXの江美早苗さんをストーカーした犯人が誰なのか、名前や顔画像は判明しているのか、まとめています。

スポンサーリンク

【爆報!THEフライデー】元アイドルXストーカーの犯人は誰?名前や顔画像は?

江美早苗さんをストーカーした犯人は、屋代昭彦という人物です。

屋代昭彦は江美早苗さんの元結婚相手で、1981年3月に結婚しましたが、1985年12月に協議離婚しています。

江美早苗さんストーカー事件の結末は?

1985年12月に協議離婚した両者ですが、屋代昭彦は復縁を要求してつきまとい、ストーカー行為を繰り返していました。

 

そして、1988年3月5日、屋代昭彦は東京都品川区上大崎にある、江美早苗さんの自宅マンションのバスルームの窓を破壊して侵入します。

屋代昭彦は所持していた刃渡り20センチメートルの牛刀および登山ナイフで、江美早苗さんの全身22か所を滅多刺しにした後、屋上に籠城しますが、翌日逮捕されました。

全身22か所を刺された江美早苗さんは近くの病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

 

1988年5月17日に、東京地方裁判所で初公判が行われ、裁判の結果、懲役12年の実刑判決が下り、屋代昭彦は服役しました。

事件現場となったマンションは解体・再開発され、2003年に22階建の高層マンションに建替えられています。

 

>>元アイドルXの江美早苗さんのプロフィールはこちら