三浦春馬がクローゼットの中で自殺したのはなぜ?遺書の内容は?

2020年7月18日に、俳優の三浦春馬さんが大型クローゼットの中で首をつって自殺しているのが発見されました。

享年は30歳でした。ご冥福をお祈り申し上げます。

まだ30歳と若く、かなり衝撃的な内容ですが、リビングではなくクローゼットのなかで自殺していたのは何故なのでしょうか。

 

そこで今回は、三浦春馬さんがクローゼットの中で自殺したのはなぜなのか、また、発見された遺書には何が書かれていたのか、調査しています。

スポンサーリンク

三浦春馬がクローゼットの中で自殺したのはなぜ?

三浦春馬さんが自殺しているのが発見されたのは、7月18日午後1時頃、東京・港区の自宅で、首をつっているのが見つかり、搬送先の病院で、死亡が確認されました。

首をつっていたという状況から、自殺とみられています。

三浦春馬さんは7月18日は仕事の予定でしたが、仕事場に現れず、関係者が自宅を訪れたところ、死亡しているのを発見したということです。

 

三浦春馬さんが首をつっていた場所ですが、大型クローゼットの中と報道されています。

この様な状況であれば、場所はリビングということを想像してしまうのですが、何故クローゼットの中で自殺をしてしまったのでしょうか。

 

この理由としては、それほどまでに追い込まれてしまっていたことが想像できます。

遺書も発見されていることから、精神的に追い込まれて自殺してしまったのではないでしょうか。

ただ、遺書の内容については詳細が報道されていないため、三浦春馬さんの自殺の原因については不明です。

フジテレビによりますと、遺書とみられる手帳には「死にたい」などと書かれていたと報道されています。

下のSNSボタンから記事の拡散にもご協力お願い致します。