ロッテ ジャクソンと契約解除理由は何?退団は離婚調停が原因?

プロ野球の千葉ロッテマリーンズは、所属するジェイ・ジャクソン投手(32)との契約を解除したと発表しました。

突然のことで、驚いていますが、契約解除に至った理由は何なのでしょうか。

 

そこで今回は、千葉ロッテマリーンズとジェイ・ジャクソン投手が契約解除に至った理由は何なのかについて、調査しています。

スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズとジェイ・ジャクソン投手の契約解除の理由はなぜ?離婚調停?

千葉ロッテの発表によると、ジャクソン投手本人から、7月8日に契約解除の申し出があり、翌日の9日に正式に受理したと報道されています。

ジャクソン投手は今季これまで7試合に登板しており、主力投手として活躍していました。

その中での契約解除の申しでということで、理由については気になるところです。

 

しかし、千葉ロッテの松本球団本部長は「詳しいところはあらためて説明させていただきたい」と報道陣に話すにとどまっています。

ですので、理由について、正確なところは不明ですが、ジャクソン投手は2019年に離婚した奥さんと子供の親権を争って離婚調停をしているようです。

離婚調停が原因であるならば、契約解除に至るだけの理由になり得るのではないでしょうか。

ジャクソン投手の離婚調停については以下で解説します。

ジェイ・ジャクソン投手の離婚調停について

ジャクソン投手は、広島に住む奥さんとすでに離婚しています。

アメリカでは、子供に対する親権は共同親権(離婚しても両方が親権を持ってる)ようですが、

奥さんが親権について全く話さないまま日本に連れて帰り、アメリカに連れて行かず会わせないことが、親権に侵害していると主張しているようです。

 

退団の理由について、正確な情報が入り次第追記します。

>>ジャクソン投手が 薬使用で逮捕!薬使用はいつから?入手経路は?広島県警が逮捕したのはなぜ?

世間の反応