仁禮彩香の年収や両親は?中学2年で起業し高校1年で母校買収

中学2年生で起業し、高校1年生で、母校である「湘南インターナショナルスクール」を買収したという、仁禮彩香さん。

物凄い経歴の持ち主ですが、仁禮彩香さんの年収や両親はどのような方なのでしょうか。

 

そこで今回は、仁禮彩香さんの年収や両親について、まとめています。

スポンサーリンク

仁禮彩香(にれい あやか)のプロフィール

  • 名前:仁禮彩香(にれい・あやか)
  • 生年月日:1997年6月6日生まれ
  • 幼稚園:湘南インターナショナルスクール(SIS)
  • 小学校:SIS Grade School
  • 中学校:横浜翠陵中学
  • 高校:横浜翠陵高校
  • 大学:慶応大学総合政策学部在学中
  • 職業:「TimeLeap」の代表取締役

 

仁禮彩香さんは幼稚園で通っていた、「湘南インターナショナルスクール」での教育がきっかけで、既存の教育に疑問を感じるようになります。

「湘南インターナショナルスクール」では、何か問題が起こったときや、何かを決定するとき、先生がすぐに介入するのではなく “なぜそう思ったのか” “なぜそのようにしたいのか”、一人ひとりの考え方を聞き、みんなが納得できるプロセスで、子どもたち同士が話し合い解決をしていく、という教育を受けてきたそうです。

 

この幼稚園で受けた教育がきっかけで、日本の教育の改善策や、新しい教育モデルを提案しようと、中学2年生の時に起業をします。

そして、高校1年の時には、母校である「湘南インターナショナルスクール」を買収し、現在では、「湘南インターナショナルスクール」の経営も務めています。

 

仁禮彩香さんが代表取締役を務めている「TimeLeap」では、ご自身の経験から、小・中・高校生の学生に向けて、「自らの人生を切り拓く力」を育むための教育プログラムを提供しています。

この教育プログラムは以下の3つから構成されています。

  • 自己を表現し、社会とつながることを学ぶ「Leaper School(リーパースクール)」
  • お金の本質を学び、実際にプロジェクトを体験することでマネーリテラシーを身に付ける「Money School(マネースクール)」
  • 小・中・高校生に向けた起業家教育を提供する「TimeLeap Academy(タイムリープアカデミー)」

仁禮彩香(にれいあやか)の年収や両親は?

仁禮彩香さんの母親は主婦で、父親もサラリーマンのごく普通の家庭だったようです。

ただ、両親は、仁禮彩香さんの考えを尊重してくれる方だったようで、このようなエピソードがありました。

仁禮彩香さんは地元の小学校に入ると、「教科書か先生の意見が絶対的な答えで、それに沿った考えの子が正しい。それ以外は正しくない。」と決められていたことに疑問を感じます。

仁禮彩香さんが小学1年生で考えた「通いたい学校」は、自分と相手の考えをお互いに聞きながらよりよい答えを探すせる場所で、ちょうど仁禮彩香さんが通っていた幼稚園のようなイメージだったそうです。

親にその考えを言ったところ、すぐに車を出してくれて、幼稚園の先生と話せる機会をつくってくれたそうです。