ウイルス

鳥取初コロナクラスターの米子市の建設業従事者宿舎の場所はどこ?会社の名前は?

2020年9月12日、鳥取県内では、新たに8人の感染が確認されました。

その中で、米子市の宿舎に滞在していた建設業従事者の間では、合計で8人の感染が報告され、クラスターの発生が疑われています。

 

そこで今回は、このクラスター発生の疑いのある、鳥取県米子市内の建設業従事者宿舎の場所はどこなのか、会社の名前などは判明しているのかについて、調査しています。

スポンサーリンク

クラスター発生疑いの鳥取県米子市内の建設業従事者宿舎の場所はどこ?会社の名前は?

今回クラスターが発生した、鳥取県米子市内にある建設業従事者の宿舎についての報道は以下です。

鳥取県は12日、新たに8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

いずれも11日に感染が判明した関東地方在住で建設業従事者の30代男性の濃厚接触者で、全員が県外在住の建設業従事者。

建設工事のため、男性と同じ米子市の宿舎に滞在していた。

8人は、20代男性2人、30代男性3人、30代女性1人、40代男性1人、50代男性1人。県は、県内で初めてとなるクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

引用元:中国新聞デジタル

今回、鳥取県米子市内でクラスターが発生した、建設業従事者の宿舎について、自治体や大手ニュースサイトにも場所や施設名などの情報はなく、

また、インターネット上の掲示板にも情報はありません。