事件

特別児童学級不適切発言の沖縄県小学校の女性教員は誰?名前や顔画像は?

沖縄本島中部の小学校の女性教員が6月、授業中に特別支援学級の児童が騒いだ際、「うるさいと思う人、邪魔だと思う人は手を挙げてください」と発言していたことが報道されました。

この発言に、世間では批判の声が寄せられています。

 

今回は、特別児童学級について不適切発言があった、沖縄県小学校の女性教員は誰なのか、名前や顔画像は判明しているのか、調査しています。

スポンサーリンク

特別児童学級不適切発言の沖縄県小学校の女性教員は誰?名前や顔画像は?

報道内容はこちらです。

沖縄本島中部の小学校の女性教員が6月、授業中に特別支援学級の児童が騒いだ際、「うるさいと思う人、邪魔だと思う人は手を挙げてください」と発言していたことがわかった。教育委員会は「不適切な言動」として教員を口頭で注意指導した。教員と校長は児童の保護者に謝罪した。  教委によると、問題の発言は、特別支援学級の児童と普通学級の児童が一緒に授業を受けていた際に起きた。発言に対し、手を挙げなかった普通学級の児童に「あなたも支援学級に行きなさい」とも発言し、手首をつかむなどしていた。その後、恐怖心から4日間学校を休んだ児童もいたという。児童から話を聞いた保護者が学校に連絡した。教委の聞き取りに、教員は「指導の一環で、悪意を持ってやったわけではない」と説明し、現在は体調不良を理由に休職しているという。

引用元:読売新聞

特別児童学級について不適切発言があった女性教員は沖縄本島の中部に勤めているようですが、それ以上の情報はありませんでした。