事件

岡谷市のあおり運転の18歳少年は誰?名前や顔画像は?長野県初の検挙

2020年9月2日に、長野県岡谷市で、通行を妨害する目的で対向車の進路をふさぎ、停車させたとして、妨害運転の疑いで18歳の少年を書類送検したと報道がありました。

 

そこで今回は、岡谷市のあおり運転の18歳少年は誰なのか、名前や顔画像は判明しているのか、調査しています。

スポンサーリンク

長野県岡谷市のあおり運転の18歳少年は誰?名前や顔画像は?

報道内容はこちらです。

長野県警は通行を妨害する目的で対向車の進路をふさぎ、停車させたとして、妨害運転の疑いで18歳の少年を書類送検しました。いわゆる「あおり運転」への取り締まりと罰則が強化されてから、県内では初めての検挙です。 妨害運転の疑いで書類送検されたのは、住所不定の18歳の土木作業員の少年です。 警察によりますと、少年は、今年7月18日午後8時半ころ、岡谷市内の路上で軽乗用車を運転中、20代男性が運転する対向車の通行を妨害する目的で進路をふさぎ、停車させた疑いです。 調べに対し、少年は容疑を認めているということです。妨害運転は、いわゆる「あおり運転」の一つで、今年6月の罰則を強化した改正道路交通法の施行から県内では初めての検挙です。 被害者男性の車のドライブレコーダーには、被害者の車を追い抜いたあと、Uターンして進路を妨害する様子が記録されていました。男性はNBSの取材に対し、「この書類送検をきっかけに、妨害運転やあおり運転がなくなることを願います」とコメントしています。

引用元:NBS長野放送

あおり運転のあった現場はレイクウォーク岡谷の周辺です。

この少年については、18歳ということもあり、実名は報道されないようです。