事件

三品洋子容疑者(苫小牧市)の顔画像やツイッターは?ひき逃げで逮捕

2020年8月15日、苫小牧市で、道路を横断していた男性を乗用車ではね、現場から逃走した犯人が逮捕されました。

逮捕されたのは、三品洋子容疑者(66)です。

 

三品洋子容疑者の犯行動機やツイッター・インスタグラム・facebookなどのSNSアカウントは判明しているのでしょうか。

 

そこで今回は、この事件の詳細や、三品洋子容疑者の顔画像やプロフィールなどをまとめています。

スポンサーリンク

ひき逃げの容疑で逮捕

逮捕容疑は、2020年8月14日午後7時半ごろ、北海道苫小牧市澄川町2丁目で、道路を横断していた近くに住む無職の浅野豊さん(69)を乗用車ではね、現場から立ち去った疑いです。

 

事件のあった現場の、北海道苫小牧市澄川町2丁目の場所はこちらです。

三品洋子容疑者は、約10分後に現場にもどってきたとみられており、車はボンネットやフロントガラスが破損していました。

また、はねられた浅野豊さんはまもなく死亡し、散歩中だった犬も一緒にはねられ死にました。

 

犯人は取り調べに対して、「何かをひいたが人ではないと思った」などと供述しており、容疑を一部否認しています。

 

ネットの反応

60歳以上同士の方の事故が多すぎますね。
このようなニュースを見てもらい、少しでも免許返納者が増えてくれることを祈るばかりです。

人を轢いて人とは思わなかったなんて苦しい言い訳だ。

フロントガラスが割れるほどの衝撃なら普通は停止して確認する。

凶器にもなる車を運転する事の責任の重さを考えてほしい。

道に落ちてるペットボトル踏んだって分かるのに、人を轢いて分からないは嘘だと思う。
それがもし本当にわからないなら運転する資格が無いです。

轢き逃げ犯の常套句「何かにぶつかったが人とは思わなかった」

車が破損する程の衝撃受けて、フロントガラスも割れる程ならば普通ならば停まって確認するし物にぶつかったとしても事故報告、事故処理はしなければならない

そのまま走り去るのは普段から当て逃げしているか、むしろ人だと認識していたからこそ逃げるのではないかと思う

いい加減轢き逃げも厳罰化したら良い
飲酒、酒気帯び、無免許もだけど

三品洋子容疑者の顔画像やプロフィールは?

現時点で判明している三品洋子容疑者のプロフィールの情報は以下のとおりです。

  • 名前:三品洋子
  • 年齢:66歳
  • Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSアカウント:調査中
  • 住所:北海道苫小牧市
  • 仕事:無職
  • 逮捕容疑:ひき逃げと過失運転致死の疑い

 

スポンサーリンク

オススメの防犯グッズ

「外出先で役立つ防犯グッズ」「家の中で役立つ防犯グッズ」「車の中で役立つ防犯グッズ」などに関して下記で詳しく書いているので、ぜひご活用下さい

>>おすすめの防犯グッズはこちら

 

下のSNSボタンから記事の拡散にもご協力お願い致します。