事件

黒染めスプレーの千葉県立高校名や場所はどこ?行き過ぎた行為が問題に!

2019年3月、千葉県の県立高校で、女子生徒の髪先が赤みがかっているとして、教員らがごみ袋をかぶせて髪に黒染めスプレーを吹きかけていたことが問題となっています。

報道では、千葉県の県立高校としか報じられていませんが、具体的な高校名は特定されているのでしょうか。

そこで今回は、女子生徒に黒染めスプレーを吹きかけた、千葉県立高校名や場所はどこなのか、調査しています。

女子生徒にごみ袋をかぶせて髪に黒染めスプレー

報道されている内容はこちらです。

千葉県弁護士会は6日、県内の県立高校で昨年3月、女子生徒の髪先が赤みがかっているとして、生徒指導の教諭らがごみ袋をかぶせて髪に黒染めスプレーを吹きかけていたと明らかにした。弁護士会は体罰に準ずる行為だったとして同日までに、県教育委員会や学校に警告書を提出した。  生徒の母親が弁護士会に人権救済を申し立てていた。県教委は事実関係を認めた上で「同意に基づいた指導だった。詳細は学校に確認している」と説明している。  弁護士会は、黒染めスプレーをかける行為は「精神的に大きな屈辱を与え体罰に準じる」として、原則的に生徒指導に用いられるべきではないとの見解を示した。

引用元:共同通信

赤みがかっているのが生まれつきの可能性もあるありますし、

仮に染めていたとしても、停学なりの処分にすればいいだけなので、どう考えても行き過ぎた行為ですね。

黒染めスプレーの千葉県立高校名や場所はどこ?

問題となっている千葉県立高校については現在調査中です。

スポンサーリンク