菅弘悦の出身大学や経歴は?皇宮警察の赤坂護衛署署長がパワハラ!

赤坂御用地で皇族の警備を担う、皇宮警察本部の赤坂護衛署の菅弘悦署長が、“パワハラ”によって9月25日付で退職していたことを週刊文春が報道しました。

 

そこで今回は、菅弘悦署長のプロフィールなどについて、まとめています。

スポンサーリンク

【週刊文春】皇宮警察の赤坂護衛署署長がパワハラ!

週刊文春がスクープした、菅弘悦署長のパワハラの内容はこちらです。

問題視されたパワハラの内容について警察関係者が語る。

「今年4月、赤坂護衛署の50代の副署長が、皇宮警察内で初めて新型コロナウイルスに感染しました。数週間以上の療養後に職場復帰したのですが、菅弘悦署長が彼の席の周囲にパーテーションを立てることを指示。すでに陰性となっていた副署長に対して無意味な“隔離”を行ったのです」

 

菅署長はほかにも“パワハラ”といえる行為をしていた。

「冠婚葬祭のために署員が遠出を申し出ると、『行ってもいいが、それで新型コロナに感染したら職を辞するという念書を書くように』と迫ったのです。署員は困惑していました」(別の警察関係者)

そうした菅署長の行為は、やがて署内で問題視されるようになったという。

「過剰ともいえる新型コロナへの対応に署員の不満が高まり、『あまりにひど過ぎる』という内部告発が寄せられ、調査も行われたようです。菅氏はまだ50代半ばで定年まで数年を残していましたが、依願退職扱いで引責辞任することになりました」(同前)

引用元:週刊文春

【週刊文春】菅弘悦署長の出身大学や経歴は?

菅弘悦署長は2019年03月31日付で皇宮警察の赤坂護衛署長となったようです。

赤坂護衛署長となる前は、京都護衛署長を務めていました。

 

菅弘悦署長については、あまり情報はなく、顔画像や出身大学は不明です。

 

皇宮警察ではパワハラ以外にも、問題となる行為が報道されています。

詳しくは以下のページをご覧ください。

>>未成年と飲酒し、入浴中の女性護衛官をのぞき見した皇宮警察幹部は誰?