事件

紙谷惣(かみやそう)容疑者の顔画像は?17年前の男性殺害事件で逮捕

2020年9月3日、東京都奥多摩町で2003年、拉致された男性の切断遺体が見つかった事件で、事件後南アフリカに潜伏していた犯人が逮捕されました。

逮捕されたのは、紙谷惣容疑者(46)です。

 

紙谷惣容疑者の勤務していた、大阪市立中学校やツイッター・インスタグラム・facebookなどのSNSアカウントは判明しているのでしょうか。

 

そこで今回は、この事件の詳細や、紙谷惣容疑者の顔画像やプロフィールなどをまとめています。

スポンサーリンク

17年前の男性殺害事件で紙谷惣容疑者を逮捕

報道内容はこちらです。

東京都奥多摩町で2003年、拉致された男性の切断遺体が見つかった事件で、南アフリカに潜伏していた男(46)(殺人容疑などで国際手配)が3日夕に帰国し、警視庁は逮捕監禁容疑で逮捕した。今後、殺人と死体損壊・遺棄容疑でも調べる。  新型コロナウイルスの感染拡大後、国際手配中の日本人が帰国するのは初めて。63万人超が感染している南アは3月末にロックダウン(都市封鎖)を始め、国際線の発着を原則禁じている。警察当局は外務省と協議し、男を南アから各国への帰還者向け特別臨時便に搭乗させたという。  捜査関係者によると、帰国したのは紙谷惣(そう)容疑者。03年9月17日、仲間と共謀し、千葉県市川市の駐車場で元飲食店員の古川(こがわ)信也さん(当時26歳)と別の男性を車で拉致して、埼玉県戸田市のマンションなどに監禁した疑い。  紙谷容疑者は2日後、山梨県丹波山村のキャンプ場で古川さんの首を絞めて殺害し、遺体を切断して山梨県や奥多摩町の山中に捨てたとして、殺人と死体遺棄などの容疑で国際手配されていた。  事件後、仲間と南アに逃亡していたが、先月21日、南アの首都プレトリアの日本大使館に「指名手配されている紙谷だ」と名乗って出頭し、指紋で本人と確認された。約17年間の逃亡を終えた理由について、「コロナで仕事も金もなくなった。日本に帰りたい」と話したという。

引用元:読売新聞

 

紙谷惣(かみやそう)容疑者の顔画像やプロフィールは?

現時点で判明している紙谷惣容疑者のプロフィールの情報は以下のとおりです。

  • 名前:紙谷惣(かみやそう)
  • 年齢:46歳
  • Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSアカウント:調査中
  • 住所:
  • 仕事:
  • 逮捕容疑:逮捕監禁容疑