ウイルス

山陽小野田市日の出でクラスターの接待伴う飲食店の名前や場所はどこ?

2020年8月26日に、山口県山陽小野田市の接待伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスターが確認されました。

 

そこで今回は、このクラスターに認定された、山口県山陽小野田市に接待伴う飲食店の場所はどこなのか、店名などを調査しています。

スポンサーリンク

山口県山陽小野田市日の出でクラスター発生の接待伴う飲食店の場所はどこ?店名は?

今回、都内で職場内クラスター発生の疑いのある会社についての報道は以下です。

山口県は26日、県内で男女15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりでは最多。うち7人は山陽小野田市の接待を伴う飲食店の客と従業員の濃厚接触者。同店に関係する感染確認は計18人となり、村岡嗣政知事は県内初のクラスター(感染者集団)と認定した。

7人は20~70代の男女。内訳は客4人と従業員の副業先の同僚3人。村岡知事記者会見で「感染がかなりの規模で広がり二次感染の疑いが拭えない」と述べ、厚生労働省と協議しクラスター認定したことを説明した。店がある同市日の出地域の居酒屋やバーなど約70店舗の全従業員を28日までにPCR検査するとした。店舗名は公表していない。

同店は16日から営業停止。村岡知事は、感染が疑われる期間の客45人全員と連絡が取れ、検査や自宅待機で封じ込めができていると説明。「なじみ客は把握しており、店舗名をあえて出す必要性は低い」と非公表の理由を述べる。

引用元:中国新聞デジタル

 

今回、山口県山陽小野田市でクラスター発生の疑いのある、接待伴う飲食店について、自治体や大手ニュースサイトにも場所や会社名などの情報はなく、

また、インターネット上の掲示板にも情報はありません。

 

接待伴う飲食店という表現から、キャバクラかホストクラブと推測できますが、日の出にはキャバクラやホストクラブは複数あるため、特定はできていません。

 

自治体には速やかに情報を公開してほしいと思います。