ウイルス

広島県三次市の介護業者を提訴した遺族男性は誰?名前や顔画像の特定は?

新型コロナウイルス感染症のため82歳で亡くなった三次市の女性の遺族の男性が、広島県三次市の訪問介護事業所の運営会社に計4400万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴したことが報道されました。

この行為に、世間からは批判の声が殺到しています。

 

そこで今回は、広島県三次市の訪問介護事業所の運営会社を提訴した遺族男性は誰なのか、調査しています。

スポンサーリンク

広島県三次市の介護業者を提訴した遺族男性は誰?名前や顔画像の特定は?


この遺族男性についてはツイッターなどのSNSに情報はなく、

また、2chなどの掲示板にも情報はありませんでした。