北朝鮮の乱数暗号放送の動画内容は?指令内容は解読されてる?

2020年8月29日に、北朝鮮がYouTubeに「乱数放送」を投稿したようです。

「乱数放送」は韓国などに潜伏する工作員への指令と推定されているのですが、その動画や暗号の答えは解読されているのでしょうか。

 

そこで今回は、北朝鮮がYouTubeに投稿したとされている「乱数放送」の動画や、指令内容は解読されてるのか、まとめています。

スポンサーリンク

北朝鮮の乱数暗号放送の動画内容は?

 

北朝鮮が動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した、「0100011001-001」の題名がつけられた「乱数放送」の大元の動画は既に削除されているのですが、複製されたものは残っています。

 

内容は、アナウンサーが「今から710号探査隊員のための遠隔教育大学情報技術基礎復習課題をお伝えします」とし、「564ページ23番、479ページマイナス19番、694ページ20番」などと読み上げられています。

北朝鮮の乱数暗号放送の指令内容は解読されてる?

北朝鮮が「ユーチューブ」に投稿した、「0100011001-001」の指示内容については、有力な情報はありませんでした。

スポンサーリンク

世間の反応